ローフードとは?

ローフードとは?

「ローフード」のロー(RAW)は生、フード(FOOD)は食べ物のこと。
ローフードとは48℃以上の加熱調理をしない生の野菜や果物、ナッツ類を中心とした食事のことを指します。

生で食べることのメリットは、「生きた酵素」をたっぷり摂ることができる点。酵素とは消化や吸収、呼吸といった生命活動全般に関わる重要な物質で、若々しく健康的な毎日を送るためには欠かせないものです。
一般的に酵素は熱に弱く、また体内で作られる酵素には限界があるといわれています。
加熱をしない自然本来の食事、ローフードをライフスタイルに取り入れて、美しいココロとカラダを手に入れましょう。

ローフードと美容

オーガニックの生の野菜と熱を加えて調理しない(48度以上加熱しない)果物を食べることにより「生きた食物酵素」をたっぷりと体内に摂り込むことができます。
『酵素』とは消化や吸収、呼吸といった生命活動に関わる重要な物質で、細胞を蘇らせるのに欠かせないものです。

多くの世界の美女達も実践しているRAW FOODスタイル。
美しい肌が手に入れる、お通じが良くなる、貧血が改善される、新陳代謝が良くなるなど・・・。現代に生きる女性も男性も、多くの身体にまつわる悩みを解消し、健康で笑顔溢れる新しい自分と出会いませんか?

ローフードの魅力

『生きた食物酵素』を体内に摂り入れることができ、身体の代謝酵素や消化酵素の消費を抑えることができるといわれています。その結果、新陳代謝や消化活動の改善、解毒促進等、健康維持の効果が期待できることもローフードの魅力です。

また、新鮮な野菜や果物を摂取して、多くの酵素を吸収することは、エイジングケアや心の健康維持にも役立つといわれています。